上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.10 2015 SUGO第4戦
皆さんお世話になっております、國分です。

皆さん先日のレースお疲れ様でした。
今回もメカとして参戦(今年はもうメカ一筋だな!)。
メカ視点から振り返る。


(土曜)
TIA:
遠征組がちらほらと。ぶるーとから1人参戦とのことでY岸さんと久々のご対面。
木曜からあった走行枠、暑すぎない気温というのがかなりいいコンディションを生み出したようで、速い人は44秒台に入れてくる。
タケアキは44秒後半くらいを刻み続ける。日沢くんや高橋さんも序盤からいい感じで、徐々にさらなる上向きを実感。

SS:
妙に速いカートがいる(42秒中盤まで出していました)!
それ以外は早くても43秒前半だったので、ターゲットはそこに絞る。
ナスはセットを変えながら最後の方で43秒前半で走る。
阿部さんは少しビハインドな感じ。
小林は当日入りとのこと。

(日曜)
夜から朝にかけての雨が残る。おまけにしとしと降り続け、厳しい戦いが予想されるレースデイでした。
TIA
TT:
さっきまで降っていた雨が止んでライン上が結構乾いてきた。とはいえ全員レインタイヤ。
遠征組の#37が49秒台に入れぶっちぎり。最後に日沢くんが50秒フラットくらいで2番手につける。
高橋さん5番手、タケアキ6番手。
予選:
スリックに履き替え。
出足が遅れた日沢くんはポジションを落とす。そこからの挽回が難しく、6番手まで後退…
タケアキは序盤の頑張りで3番手まで上げるも前との距離は大きかった。
高橋さんはバトル続きで前に行け切れず7番手。
しかし3人ともタイムはいい感じ。
一方でT見君がどんどんじ順位を上げポール獲得。「強さ」を感じました。
決勝:
トップ争いはタケアキとT見君の一騎打ちとなる。
中盤タケアキがトップに立ち「よしっ!」とさらに応援に熱が入る。
しかしタケアキのミスを見逃さなかったT見君が再びトップに立つ。
そこで勝負がついてしまった。
日沢くんや高橋さんはタイム的にもバトル的にも惜しい場面が多く、ポジションを上げられず6位7位。
ちなみにぶるーとのA野くんは4位でした。

SS
TT:
TIAの時点でスリックでもいけそう(もといニューレインは危険)な状況、しかしもう遅し。
一気に乾くとは思わず…ペイトン含むニューレイン勢は全滅!
逆にスリック、ユーズドレイン勢が上位を占める。
しかもその中には“あの”S木M彦氏の姿も(3番手)!
しかし普段速いドライバーが後ろなので予選は荒れそうな様相を呈する。

予選:
ここからはスリック。
速いドライバーがガンガン行くので全体としてバトルが激しい。
ペイトンはなかなか前へ出れず、バトルに“飲み込まれた”感じ。
3人そろって151617番手と連番。
ちなみにS木M彦氏も集団にのみこまれKO!

決勝:
opラップ1コーナー、ナス撃沈。
阿部さんや小林はタイムがいまいち伸びず。
前方集団との差は埋められず、優勝は#24の手に。


以上です。
TIAは悔しいな!特にタケアキ。
オレもレースが終わって本気で悔しかったぞ!
タイムのばらつきという課題はまだ残るものの、レース中に1回でも抜けたのは大きな成長の証!
そこは自信を持ってほしい。
日沢くんと高橋さんはもっと気持ちを安定させて走れればバトルでも勝てるはず!

SSは…迷宮入りかな~
前回と同じく、前日はいいけど当日のタイムがよろしくない。
直接的な原因は不明ですが、各人思ったところを克服していきましょう。
あとはTTがもったいなかった。仕方ないとはいえ、そこまで読めなかったのはオレもまだ未熟。


SUGOのシーズンも4戦を消化し、2週間後には大学対抗が開催されます。
大学対抗はオレの唯一の復帰戦でもあります。
自らへの挑戦、という位置づけでもあり、出るからにはもちろん優勝を目指しています。
時間は短いですが、こっちにいる間に体つくりを進め、少しでも基礎を究められるようにしていく所存です。
あとは今までのドライバー、メカとしての経験をフルに活用し、納得だけでなく満足できるようにしていきます!


というわけで、大学対抗に参加される皆さん、よろしくお願いいたします。
一丸となって優勝を掴んでやりましょう!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/286-1c6d1bc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。