FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルは…まあ気になさらずに。
皆さんお世話様です、國分です。

榛名でY岸さんに言われたし、ネタができたので久々ですが書きます。

まず土日バイト組の皆さんありがとうございました。安心して遠征できました。
そんで先日の榛名第4戦お疲れ様でした。


今回は久保のメカで参加。
土曜は最終セッションを除き雨。日曜は晴れ+ドライの予報。
案の定ドライになりました(曇ってましたが)。土曜はウェットのいい練習になったと思います。


さてここから本題


TT:まあある意味予想通り。ニュータイヤは初めてだしセットは決まってないし。
でもここからの追い上げに期待していました。

予選:1周じゃローリング決まらないよね。
何周かしてスタート。とりあえずは無難なスタートでしたが序盤で牧野、小林etc.が3コーナーで絡んで牧野のシャフトが曲がる。リヤバンパーがタイヤにめり込む。ピットイン。小林は外に吹っ飛んだだけで済んだらしい。
まだ何かありそうだなと思って見てたら中盤7コーナーで久保の右側に長島君が乗り上げる。久保がけっこうエライことになってしまってリタイヤ。体はとりあえず大丈夫だったので良かったが…
結局生き残れたのは小林だけ。皆さん後方から決勝に臨む。

昼:久保カートの修理。我妻さんのおかげでだいぶ作業がはかどりました。ありがとうございました!

決勝:再び無難なスタート。しかし再び奴に悲劇が…
序盤4コーナーで多重クラッシュ。久保も巻き込まれる。おまけに終盤青旗に気づかなくて(反応が遅くて)トップの#7の邪魔をしてしまうという失態を犯す。
牧野はペースを上げきれず。小林は43秒4まで上げられた。
結果は…お世辞にもいいとは言えませんね。むしろかなり残念。


全体として気になったのは、TRJさんもおっしゃったようにバトルが甘い。完全に集団のペースに飲み込まれてる。
単独ではタイムを上げられても集団になるとどうもまとまりがなくなってしまう。そして隙を突かれぬかされる。
どういう心境だったかは断言できませんが、少なくとも集中力を乱されていた?周りに気を取られすぎていた?そんな感じでしょう。技術よりメンタルの問題でしょう。
もっと周りの動きに意識を持ちつつも自分を主張できる走りができるといいですね。
ただしガンガンぶつかれということではありません


それでは各ドライバーに対しオレから一言
久保:とにかく不運だったね。あともっと落ち着いて周りを見られるようにしよう。
牧野:決勝走り切れてよかったね。完走して何かいいものが得られただろうから本番に生かしてほしい。
小林:いちばん収穫があったと思う。そういう意味では良く頑張った。そしてもっとバトルうまくなろう。


けっこう辛口でしたが、今回レースに出て前回よりたくさん収穫があったことは間違いないでしょう。オレ自身メカとしてレースウィークを過ごしたのは(記憶が正しければ)初めてで、どうしたらドライバーが走ることに集中できるか等色々考えさせられました。普段の慣れきったSUGOでの練習では見えてこないことも外では見えてくる。地元でなんとなくではアウェーでは通用しない。オレも1つ1つのことに集中してカートに取り組んでいきたいです。自信を持って動けるようにしたいですね。


久々に長くなりましたが以上です。
ペイトンの皆さんも参考にしてください。




※オレは鬼ではありません。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/248-aae60a2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。