FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期限の1週間にはぎりぎり間に合った…んでしょうかね。
ともかく大荒れの第1戦を振り返ります。

(前日練習)
K1,K2 レース用エンジン慣らし。スムーズに回るエンジン≠速いエンジンを実感する。

K3 新しいシートで初めてアタック。前よりアンダーが出にくくなった。ちゃんと荷重が乗るようになった、が正解かも。

K4 途中でどんなに頑張っても45秒切れない、動きがぐんにゃりしてる。と思ったらパンクしてました。セッション途中で終了。

K5 伊勢屋先生の後ろについて学習。9,10コーナー~最終で大分差が付く感じ。

K6 ほぼ単独走行で9,10を中心に練習。4秒フラットがそれなりに続けて出た。

(ここまでは)まあまあ良い流れ。ただブレーキパッドが届かない。駆け込み需要を少し恨む。

(当日)
朝から雨。午後まで降り続いて予選以降はヘビーレイン。

公式練習:エア130kPaでスタート。まだそれほど雨量もなくて思い通りに動けるくらい。

TT:路面の雨量が増えてアンダーがきつくなってくる。どこの位置で走るか迷って、落ち着いてアタックできなかった。7分間で周りを見ながらさっさと決めないと。

予選:超低速ローリング。この間にブレーキパッドが冷えて次の周でミサイルしそうになる。ローリング中に撃墜しなくてよかった~。
スタート後は前の集団にとりあえずついていく。みんなラインを探りながら周回してる。毎周ラインがバラバラ&ウォータースクリーンで抜くところまでいけない。そのままチェッカー。

決勝:ペイトン勢は全員アライメントをトーアウトに変更。結果は…そういうレベルの話じゃなかった。気持ちが安定してよい方向に行った、ということにします。

ローリングスタート直後回る。キャブ開けながら踏みすぎてしまった。あーあ、隊列そろってるよ…と遠くに見ながらスタート。3周で(後方)集団まで追いつくスローペースでレースが展開。
國分さんの後ろにつきながら、コーナー進入でアンダーがひどい原因を発見。体重移動でエイヤと曲げてみる。全体的に挙動が安定する。荷重で曲がる乗り物ってことを再確認。8コーナーで國分さんのインを差してみる。突っ込んだらごめん、とりあえずは前に出られたようだ。ふう。

雨量が増えて10週目あたりからいろんなところでいろんな人が回り始める。そのトレンドに乗って最終コーナーでスピン。ドリフト気味のまま水たまりに左フロントをひっかけてくるん。久保の前でどうにか復帰するも、持ちこたえるのは1周で限界。4コーナーでインを差されて終了。14週目にはブルーフラッグ振られて譲る。結果は9番手。

今回、前日までの流れを雨で完全に崩してしまったのは反省。雨セットは考え直さないといけない感じ。軽めの雨までは対応できそうだけど、それ以上は硬くてどうにもできないレベル。やっぱり要シャフト交換か。
タイトラは余計なことを考えずに走ったほうが良かったかも。特に今回のコンディションでは。
決勝までに時間がかかったのは問題とはいえ、雨の走らせ方のヒントが見えたのは収穫。

レースの後で我妻さん、寺島さんが言っていましたが、これまでレインの練習を軽視しすぎてたのは事実だと思います。これまで使っていたタイヤはお粗末なものでしたし。

ドライでは見えないところがたくさん見えた開幕戦。
来週のTKP合同テストIN最上川でも、何か一つ掴んできたいと思います。

p.s.↓ 記事中に写真が載ってるのはいつ以来なんでしょう。大分長いこと見てない気が…。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/235-446eb47b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。