上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決勝
17番手スタート。
隣はW見さん。後ろには誰もいない。

これは、2010年の猪名川の大学対抗のスターティンググリッドの様子です。
予選の第1ヘアピンで起こった過半数が止まるようなクラッシュの結果、
決勝は最後尾スタートでした。
そしてSSの決勝結果は下位をペイトンが独占する形になりました。

今年の大学対抗を迎えるにあたり、
私はサポートとして参加するかドライバーとして参戦するかを直前まで悩みました。

主な理由は、自分が参加すればサポートが不足するのではないかということと
猪名川サーキットに苦手意識があったということです。

南半球から強力な助っ人が駆けつけたことや、OBの方々が来てくださるということ、
またW見さんやT橋さんがサポートにまわってくださるということで、
一つ目の問題は解決しました。

二つ目の猪名川で良いレースが出来るのかという点に関しては自信がありませんでした。
しかし、悔しい結果に終わった3年前から自分がどれだけ変化したのかを確かめたいと思い、
今回再び挑戦することにしました。

今回の大学対抗は昨年に引き続き総合優勝という最高の結果を得ることができました。
その一方で、個人的な部分で悔しい思いをした方もいるかもしれません。
サポートも含めた全員で勝ち取ったものだということはわかっていても、
もやもやしたものが残っている方もいるでしょう。

しかし、そんな方もまたレースに参加して欲しいと思います。
今回の経験から学び、参戦し続けていれば、いずれ何かを得られるはずです。
その時に、今回の猪名川のレースを思い出してもらいたいと思います。
私は今回のレースに参加したことで、やっと3年前の結果を直視できるようになった気がします。

なんだか偉そうなことを書いてしまいました。
しかし、参戦しなければ結果が出ないのは事実です。
ある意味宝くじと一緒です。
違うのは、自分次第で当選確率が上がる点です。
という訳で、まずはSUGO第4戦頑張りましょう。

最後に、毎度のことですが我妻さんやOBの方、サポート組の方、
レースを運営してくださった方々、
その他多くの方々の支えのお陰で
今回のレースにも参加することができました。

特に決勝日はK原軍団に何から何までやっていただいて助かりました。
ありがとうございました。


最後に独り言。
猪名川は人も路面もすっかり変わってしまいましたが、
青空と背後の山は変わっていなくてなんだかほっとしました。

今回の大会に参加して
本当に良かったと今では思っています。


※題名に深い意味はありません
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/215-f7b71b09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。