上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.21 2013 第3戦
おはようございます。小林です。第3戦の反省を。

土曜日
2レース落ち+練習×2のタイヤで練習。
K1は路面が乾く?乾かない?でスプロケ交換とかしてるうちに時間切れで終了。

午後から雨の予報。レインの練習はしたいけど持ってるレインタイヤは本番にとっておきたい、当日雨になったら走れない、ということで、とりあえず雨が降ってくるまで練習することに。

コースは先週のドリフトマッスル後のコース整備で縁石アウト側が埋められてます。思ったより固く、安心してはみだせる。
幅が広がった感覚で責められる!ので9コーナーでインによりまくり。フロントタイヤが縁石の内側を通っても平気。好きなだけS字攻略をして、少しはターンインのタイミングが直った気がしました。が、ついに10コーナーの縁石でスプロケを曲げる。誰もが通る道?

日曜日
前日同様、路面がどんどん乾いていきます。

公式練習
ニュータイヤの皮むき。グリップの良さにまた感動。

タイトラ
グリップが良いタイヤはS字の進入で多少無理をしても破綻しない。ただ、いつもより動きがピーキーだった。エアが高すぎたかもしれない。

予選
スタートでかぶらないかとか、横の隊列がどうかとか気にして出遅れていたので、その辺は気にせず前についていく。4コーナー出口で佐藤さんが横を向き始める。回避のためにNo.7、No.8の後ろに。7号車を1コーナー入口でパス。その後、No.8渡邊が4コーナー進入でインを開けてしまったので、とりあえず前に出る。出口で失速したので、普通ならクロスラインをかけられる場面だったもののこらえた?(見えてない)のかそのままのポジションをキープ。前が遠ざかっていくのを感じつつフィニッシュ。6位。

決勝
またアウト側スタート。また11号車の後ろ。同じ感覚でただついていくことを意識。
決勝の4コーナーは平和だったので、最後まで47号車佐々木くんを追う展開に。11~12周あたりで少し近づいたもののその後は差が広がっていく。40mくらいの差のままフィニッシュ。ペースがいつもよりブレなかった(5秒3から5)のはラインを教えてくれた佐々木くんのお陰です。ありがとうございました。結果は7位。

良かったこと
3レース経験して、どのくらいの周回数でニュータイヤがタレてくるかわかってきた
前より走りながら考えられるようになった(気がする)

反省
タイトラのタイムはいつもそこそこ。一回グリップの限界まで使ってみないことにはその感覚はわからないまま。
練習の時もターゲットの後ろでコースインしておきたい。タイトラでは前で出たほうがいいのかも?

毎度ですが、サポートの皆さん、ありがとうございました。

最後に。プレ大学対抗で余目第3戦(7/21)が計画されているようですよ。peytonから最低でも5台は出走しそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/202-f503e1b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。