FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.26 2013 SUGO開幕戦
こんにちは。國分です。

長らく更新していませんでしたが、レースも終わったところで総括も兼ねて。

まずレースから

(土曜)
天気にも恵まれ、台数も多いため、急激にコンディションが良くなる。それに伴ってリヤの重さがしんどくなってきたため川原さんから武蔵を借りる。お先に失礼。驚きの軽さ、フィーリングの良さ。タイムもようやく43秒台に突入。
午後に向けて鷲見さんと相談した結果、シャフトMを試すことにfrom川原さん。うん、コーナー進入がきつい、ぎこちない。途中、トレッド拡げ、リヤ柔くにしたけど大きく変わらず、タイムもがくんと落ちたままだったため、シャフトはFで行くことにする。結局、セットを戻したK6のタイムが一番安定していた。こうやっていろいろ試せたのは大きいな。個人的には結構いい流れのままレース当日へ

(日曜)
公式練習、TTと再スタートできない。タイムもアタック開始の分しか取れず、FD勢にも笑われるまさかの47秒台(!?)でブービー。どうもヘルパーがいかれてたみたいで、川原さんのおかげで復活。ありがとうございました!
これで流れを悪くする要素はないはずだから、気持ちも切り替え、予選。後方グリッドのぐちゃぐちゃ具合からスタートは切られないだろうと思ってたらシグナルが消えた!その一瞬の心の隙から若干出遅れる。それでもペースは中盤くらいだからさくっと抜いてやろうと思いきや、けっこう手こずって結局11番手チェッカー。目の前には牧野。
決勝。なんとももどかしいものだった。明らかにペースは自分のほうが速いのに抜けない(対牧野)。何度も4コーナーで仕掛けようとするもあと一歩及ばない。思い切りがない。抜いた時もスピン車両がいてのことであって、めちゃくちゃかっこ悪い。黄旗無視すれすれだった。これというバトルもないまま7番手でチェッカーだったみたい。

焼肉の時も話した通りですが、明らかにバトルがへたくそ。それこそ今回のレースで明るみになった最大の課題。パッシング、その後の対処も甘い。パッシングそのものに自信が持てないから抜くのにすごく時間がかかるし、その後の処理が適当だからクロスをかけられてしまう。他のカート(SS)と絡んで走る、その量が少ないから。もっと機会を大事にしてガンガン絡んでいくのが今の自分には必須だな。1人で走るだけだとタイム的にもバトル的にも得るものが小さいし。
あとは前日までの流れを自らの手で断ち切らないようにしろよ。緊張しすぎ。お前どんだけレースしてきてんの




去年の12月からとにかく走った。フェスティカにも遠征した。確かにそのおかげでSSパッケージにだいぶ慣れてきたし、タイムも上がった。でもそれだけでSSクラスを戦い抜けるなんてレースそんなに甘くはあらず。次に向けてはとにかくバトルに主眼を置きつつ、本格的にマシンセッティングに挑戦していく方向で!


もうこれだけ頼りないレースだったわけだからさ、次はもっと中身のある、レースらしいレースにしましょう。


いつものことながら皆さん手厚いサポートありがとうございました。特に川原さんと鷲見さんには細かいところもいろいろ見てもらってすごく助かりました!もっともっとがんばります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/184-544ac773
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。