FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お久しぶりです。k原です。
 昨日は我らがk岡さんの送別会が、川原宅にてしめやかに開かれました。集まったのは、t橋さん、w見さん、O石さん(バレバレ)、そして私k原です。
 当初の予定では、午前10時ごろに川原宅に集合、それからみんなで思い出づくりに出かけよう、という算段だったのですが、いろいろあって直前に午後3時に変更。メンバーの中では一番下っ端の僕は皆さんをもてなすために、コロコロで入念に炬燵布団を掃除してました。
 午後3時、O石さん登場。それからスマブラで時間をつぶす。ファルコンパンチのネーミングのダサさ。
 鷲見さんから電話が来る。主賓たるk岡さんが、部屋の荷造りにてこずり、4時間遅刻するとのこと。さすがk岡さん、期待を裏切らない裏切り。
 午後4時、t橋さん登場。マリオパーティのミニゲーム、ビーチバレーをやってみる。これがまた奥が深い。ノコノコ、テレサ、ヘイホー、キノピオでプレー。主要キャラ無し。ペイトンは邪道を愛す。
 w見さんがインターホンを押すと同時に玄関から入ってくる。デリカシーの無い人。しばらくして、テニス派のO石さんは匙を投げ、僕とt橋さんがタッグでクッパ&ミニクッパに挑む。何度も負けては戦術を変え、戦術を変えては何度も負ける。激闘の末、ハイレベルな戦いを制す。
 ほったらかしにしていたw見さんが、いつの間にかぶっ壊れていたステアリングコントローラーを直してくれていた。これで夜中に勝手に動き出す恐怖を味わわなくて済む。ありがたき幸せ。
 就職の荒波にもまれつつあるt橋さんとw見さんの戦況をうかがう。僕は1人「世界ふれあい街歩き」の録画を鑑賞。ああ、アメリカ行ってみたい。
 午後7時、k岡さんと連絡が繋がる。近所のSEIYUで待ち合わせ。もう出かけるような時間ではないので、おとなしく鍋をすることに。肉は実家から送られてきた黒豚セットがあるので野菜とお酒を購入。仕方がないのでk岡さんからは会費を徴収せず。そういえば久保と店内で遭遇。送別会に誘ってみるが、謹んでお断り申し上げられる。翌日1年生は練習する予定らしい。かごからはみ出る長ネギを見て、何だか恥ずかしくなる。
 さっさと帰宅し、さっさと調理、具材が大量過ぎて自前の土鍋に入りきらないので、もう一つステンレスの鍋にも分けて作る。単子葉類を親の仇のように憎むt橋さんの為に、二つ目はネギなし。O石さんとk岡さんは炬燵でマニアックな雰囲気。台所では9時ごろには帰らねばならないt橋さんと腹が減って仕方がない僕がバタバタと調理。w見さんは居場所がない。
 8時ごろやっとのことで飯にありつける。酒とウーロン茶を各々注いで、期待を裏切らないk岡さんが一言あいさつ。酒も鍋もうまい。あっという間に二つ目の鍋も平らげる。良い感じで酔っぱらうと将来の話に。出来ることなら女性に養ってもらうのが一番楽!ダメな男の処世術、超ひも理論の原案が出来上がる。理論編と実践編の二部構成、k岡さんに完成を託す。
 9時過ぎ、t橋さんが退場。k岡さんとドライな今生の別れ。レ・ミゼラブル。
 このタイミングで人生ゲーム(ボード盤)を始める。ベーシックステージとワールドステージを資産持ちこしでやってみる。k岡さんにw見さんが幾度となく追突。ベーシックステージでは誰にも子供が生まれない、妙なリアルさが身にしみる。僕はゴール直前のマスで月に行く。莫大な出費でベーシックステージ最下位。北岡さんがぶっちぎりで前半戦を折り返す。
 ワールドステージでは就職し損ねて、フリーター続出。タレントを獲得した僕の快進撃。良いマスにも恵まれ、何とぶっちぎりで優勝。w見さんは「お金はないけど、充実した人生だった」と、人生ゲームを内容面から評価する斬新な視点を提供。ちなみに僕は月に行きました。
 それから人生ゲームをいろいろ分析してみる。昔は期待値なんか計算しなかったのに、計算してみると結構面白い。お試しあれ。
 w見さんが帰るらしい。少し話をしてからお別れ。k岡さんが名残惜しそう。
 w見さんが帰ると、人生ゲームの疲れでk岡さんもO石さんも僕もいつの間にか寝てました。
 7時ごろ起きて、片づけをして、朝食をジョイフルに食べに行く。散々行ったジョイフルも、k岡さんにとっては最後かもしれん。スタミナ豚丼とネギトロ丼と焼肉丼、軟骨唐揚げをつまみながら思い出話に花を咲かせる。朝のジョイフルは良い感じ。48号線のジョイフルからは、原付きに乗って菅生に向かう一年生たちが見えました。うん、感慨深い。ジョイフルではk岡さんがおごってくれた。何年振りだろうか…
 帰りはなんとなくロータリーを経由して帰ってみる。家に車を戻して、k岡さんの忘れものを回収したあと、八幡コープまでk岡さんを見送りに行く。屋上に車があるとのこと。コープの入り口のわきにあるエレベーターでお別れ。いろいろお世話になりました。最近少しだけ血色の良くなったk岡さんの顔がエレベーターと共に消えて行きました。ありがとう、さようなら、ご達者で。
 O石さんが少し寂しそうな顔をして帰って行きました。僕もみんながいなくなった部屋に戻って少し寂しい気分になったので、とりあえずブログ書いてみようと思いました。
 k岡さんは偉大な廃人でした。尊敬はしませんが、面白い人でした。変人なので苦労するかと思いますが、頑張ってください

P.S.
t橋さんとw見さんは次回の部活で会費払ってください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peyton1990.blog47.fc2.com/tb.php/182-6df753a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。