上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段行かないようなおしゃれなカフェに行くと落ち着きませんね。
すごく場違いな感じがしてしまった今日この頃。


はい。どうでもよし


こんばんは。國分です。
今年も残り3日、毎年やってますが今年も1年を振り返っていきます。

開幕戦。そういえばpeytonに入って初めてシーズン初戦から参戦したような。
SSパッケージで冬に練習を積んだけどいまいち歯車がかみ合わない。一言でいうと遅い。第2戦では43秒5まで出たけどまわりはもっと速いから結局最下位争い…。第3戦はグダグダ。ペースもバトルも悲惨なもの。今年のレースで一番しょうもなかったなあ。

5月半ばからしばらくレースがなく、バイト三昧。その中でも練習できるときは練習したり、全日本のレースを見たりしてなんとか上で争えるくらいまで持っていこうとするも四苦八苦。同時に大学対抗を意識する。

8月。ついに大学対抗。今年は猪名川でした。とにかく暑かった。体力勝負でもあった。
前日までで(ドライバーで)そこそこのペースまで持って行けたのは良かったものの当日のタイトラで伸び悩み。ここで“ニュータイヤ病”発覚。真ん中からスタートした予選では隊列が整わず赤旗。イライラがたまる。その後スタートは切られたもののやっぱりペースが今一つ。ちょっと突っつかれて17番手まで後退。決勝では目の前でカートが回って横から激突。左バンパーステーがぐんにゃり。なんとか走れはしたもののチェッカーを受けた後にはアドレナリンが切れてアバラがさようなら。クラッシュのダメージはしっかりあったという。総合優勝を果たせたものの個人としては悔しさが残る。同時にニュータイヤ病の克服に焦点を絞る。

第5戦(第4戦は研究室の都合で参戦できず)。この時はレース用とは別に練習用にニュータイヤをおろしてニュータイヤ病の原因を探る。メンタルでしたね。呆れ顔
結果もまだまだ。でも少しづつ改善の余地が出てきた気がする。歯車がかみ合ってきた。
そして最終戦。ペースもそこそこ、最後にはバトルを制し順位としては真ん中くらいでチェッカー。レースレポートにも書きましたが、これからレースを進めるうえで良い手応え(気持ちのコントロール、タイヤの使い方など)を掴めた。今までで一番充実してた。

年内最後のレースたる冬耐。今年も青葉speed stars。かなり軽いパッケージではあったものの43秒2までタイムを上げることが出来た。凄く楽しかったけど最後駆動系が逝ってチェッカーを切れなかった。4番手でした。来年こそは一番上を。

1戦1戦に対する反省はあっさりしてましたが、今年一年を総括するなら“厳しさをたくさん経験した年”といったところですね。改めて(特にSS)カートの世界の厳しさをまざまざ感じさせられました。悔しいことがほとんどでしたが、その中で多くの収穫も得られました。今年でドライバーは一旦お休みかな…、と考えていましたが、得られた収穫の下やってみたい事が多くある中で終わらすわけにはイカンと思ったので、来シーズンも(お金と時間が許す限り)戦います。SSの上位争いができるように冬色々やらんと。その前に金をどうにかしろ
2年生たち、ジュニア勢(もといTIA勢)がSSに上がり、その他勢力も多く、来シーズンは今シーズンよりSSに活気が出るでしょう。そんな中でも各人自分らしい走りをしっかりできるようにチームで頑張っていきましょう!オレ自身も走りとサポートでpeytonを支える所存です。

いろいろ言いたい事はありますが、来年に向けて一言だけ。

来年も充実したシーズンにしましょう!!!片付けも頑張りましょう。

ではこの辺で。みなさんよいお年を。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。