上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小林です。遅ればせながら大学対抗のまとめをば。

木曜
猪名川到着。映像で見るより高低差が大きい。コースの下見&アドバイスを受ける。前半セクションがアンダー気味。ステアリングをゴ

リゴリ切って車速が乗らない。うーん。

金曜
スペアパーツで持ってきていた高橋さんのノイズボックスを借りてみる。キャブが合わせやすくなって前より濃い目で走れた。
アンダーはフロントスタビの調整で解決。が、後半の連続コーナーでフロントグリップが減った気がした。これはエア圧が少し高かった

のが原因。少し下げたらよくなった。

午後に入るとあばらに違和感。あれだけ縁石にポンポン乗ったので当然か。
タイムの伸びもいまいちだった(そしてドライバー的にこの暑さはきつい)ので久保とともに新しめのタイヤに交換。フロントグリップ

が一気に上がって走りやすくなる。1,2コーナーのバンクに入ったまま前より高回転が保てるし、無理にラインに乗せてる感が少なくなった。

土曜
ブレーキパッド&ブレーキオイルを交換。キャリパーのドレンを閉めてもオイルがトクトク漏れる。我妻さんに対策していただいて収ま

る。純正状態であんなに漏れたらだめでしょ…。
それ以降のブレーキは順調。初期から制動力が立ち上がるようになった。
この日のベストタイムは午前中。午後から35℃以上になるとタイムが落ちた。タイヤをそれなりに使ったのと気温とどっちの影響が大きいんでしょうか?。

フィーリングは悪くなかったので、セッティングは基本的にいじらず。

(前夜祭)ビンゴ大会でDUNLOPキャップ…。今年4個目。 そしてT島さんが似つかわしくない何かを当てる。

日曜

公式練習&タイトラ
久保とスリップでタイムを伸ばす作戦。スリップなしでも良いタイムがでた。やっぱりSTORMはグリップ高いと調子がいい気がする。その

あとはクリアなラップがとれず。結局必要だったのは最初の7周だけだった。

予選
初めてのポールポジション。というか初めてのフロントロウ。
シグナル消灯後、1コーナーに入るのに混乱に巻き込まれないことに違和感が…。ほんとにレース始まってるよね?と思いつつ走る。ヘアピンすぎたところで後ろを見ると、あれ?赤ヘルメットのTIAがいない。後続を気にしつつも、心に余裕をもってフィニッシュ。

(レンタルカート2時間耐久)
初めて4ストエンジンが焼付くのを見る。そして暑い。

決勝
2回目の分、午前中より落ち着いてうまくスタートが切れた。周回すると後続は少し離れる。ミスしない程度で攻めていると見慣れた

TIAが登場。
仕掛けてくるとしたら終盤だろうなー、いつ来るんだろうと思っているうちに少し遠ざかっていた。最後までタイヤの熱ダレは感じず。SUGOのSLシリーズでは、離されないように全力で追いかけることしかできないのでいつも終盤がつらい。初めての感覚だった。
先頭でフィニッシュしたものの実感があまりわかなかったのが正直なところ。

レースより車検が問題だった。重量は最低重量ギリギリ。そして疑惑のアレ。レース中、何の利益もなかったから流されたと思いますが、幻の勝利にならなくて本当に良かった。



今回の大学対抗は「がんばるけどがんばらない」がうまくいきました。これまで変な力みがあったかもしれません。
うまくいった点
・練習から1枠ずつを有意義に使う。
・セッティングはとりあえず試してみる。縁石が使えるか使えないかは乗ってから確かめる。
・アバラは交換できないのでほどほどに。

反省は
・レギュレーションはちゃんと読みましょう。 
・体重は予選から決勝で結構減る。熱い風だといつの間にか水分が奪われているので。

気づいたこと
混合比25:1と20:1では暑い時期はかなり違う。
タイヤはSUGOより4輪が均一に温まる。タレた後も前後バランスがそれほど悪くならなかった気がする。

最後になりましたが、我妻さんはじめ、メカニックの方々、OBの方々の強力なサポートありがとうございました。練習からいい流れを保って初優勝することができました。

さて来週末はSUGO第4戦。新鮮な気持ちで挑みます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。