上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寺島です。
今回のメカはロータリー戦士・牧野に依頼。 不安:期待 = 9 : 1


・6月28日 小雨ときどき曇り

雨でした。気温が低く凍えるほど寒い。牧野君は半袖。
とりあえずレインタイヤをBS94からYH03に交換。
初めて03タイヤで走行。

参考タイムがよくわからない中、とりあえずセッティングを探る。
K2よりシャフトを~に変更(①これが後に良い結果に)。

エンジンのかかりが悪い。

帰り道は眠かった。しかしレポート課題が終わっていなかったので学校へ。


・6月29日 雨後曇り

やはり路面は濡れていた。しかし路面は乾きそうな気配。
午後からはKFのタイトラや予選があるので、今日の走行枠は午前中の20分×3回。

K1はとりあえず昨日の状態で走る。
路面が乾いていきどんどんタイヤが減る。

K2からドライタイヤに変更。
昨年の地方戦のときのセッティングに変更(②)。

そこそこいいペースで走行。と思ったらチェーンカバーが外れる。
毎セッション牧野君が増し締めをしていたが、ボルト類の寿命が来たらしい(③これが30日ではなく良かった)。

K3もドライで走りこんで終了。ドライのセットは悪くなさそう。シャフトも変更せず。

走行終了後バッテリーを充電。昨日の朝充填したにもかかわらず、バッテリーは弱った状態。とりあえず充電する。

8ガレを明け渡すときにオケや刷毛を出し忘れ、ウェスやパーツクリーナーを使い果たし、雨で足場は最悪なため、カートを洗う戦意を喪失。
KF1のタイムトライアルを見た後早めに帰仙。

帰りがけにホームセンターで不足品を購入。
帰り道は二人とも疲労困憊。とにかく眠い。
「石焼き芋風にケミカルを売る」というお題で大喜利が始まる。
19時頃帰宅。そのまま目を閉じる。


・6月30日決勝 曇りときどき晴れ

家のインターホンが鳴る。
嫌な予感がする。腕時計を見る。5時14分。
玄関には牧野君。
バタバタと準備をしてSUGOへ。

路面は予想以上に濡れていた。
しかし天気予報によればもう降らないらしい。
乾くと予想し浅溝レインタイヤでハーフウェットを想定したセットへ。

なんとなくバッテリーを充電器に接続すると再び「要充電」状態。
どうやらバッテリーが弱っているようなので、毎セッション充電することに(④バッテリーのヘタリに気付いてよかった)。

公式練習
思った以上に路面は濡れていた。そして思った以上にタイヤが摩耗していた。
あまりタイムが上がらず終了。


TT
9時頃のKF1第3戦の決勝ではほぼ全車ドライタイヤ。
今度こそ乾くと予想しフルドライのセッティングへ(⑤)。

コースインした後はスリップを使える位置でアタックとスペースの調整を交互に繰り返す(⑥偶然いた場所が良かった)。
44秒フラットで1位。初のPP獲得。

予選ヒート
ポールなのでローリングのペースがコントロールできる(⑦)。
いろいろとタイヤに合わせた作戦が立てやすい。
スタートでかぶらせないように注意しながら加速。1コーナーのイン側を守る。

バトルになったらベテランの方にはかなわないのでとにかくひたすら逃げる。
1位でチェッカー。

お昼休み
ここで堂々とファラオ登場。皆ひれ伏す。
栃木にお布施をしてきた(財布を落とした)らしい。
やっぱり鷲見さんは別格。
宇都宮警察署まで取りにいかれるそうで。お気をつけて。

決勝ヒート
予選と同じ作戦でスタート。
4コーナーを過ぎるまでは後ろを警戒。
その後は再びひたすら逃げる。

予選よりもコンマ1~2遅いが、後ろもバトルしている模様。
そのまま逃げ切り1位でチェッカー。


今回メカを務めてくれた牧野君を始め、我妻さん、村山さん、鷲見さん、レースを運営してくださった方々、その他多くの方のおかげで今回のレースに参加することができました。
カートに乗り始めて5年目、通算37戦目にしてようやく優勝することができました。
ありがとうございました。

しかし、今年のレースはまだまだ半分も消化していません。私の次のレースは余目第3戦になりますが、次回もよろしくお願い致します。

最後に、レースの度に思うことですが、些細なミスでも命取りになります。ドライブスプロケの歯が一つ少ないだけでレースを台無しにする可能性があります(体験談)。
待ち構える全ての罠を排除した上で運も引き込まなければなりません。
今回は主に上の括弧で括った①~⑦が運命の分かれ道ではなかったかと思います。

これから夏になると遠征などの機会も増えて、各地のレースに参加することも多くなると思います。ただでさえ不利な遠征レースで、ミスをしていてはまともなレースはできません。私も他人のことは言えませんが、現役の皆さんは、大学対抗に向けてミスやアクシデントを防ぐためには何ができるのかを各自考えてみるのも良いのではないでしょうか。

まとまらない文章ですが、何か書き忘れたことがあったらまた書きます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。