上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そこそこ書き終わってた記事消えた。ふざけろ!
記事が消えてもそこに書き連ねた皆さんへの感謝の意は消えることはありません。
レポートというか感想だけで勘弁してください。


感想
私自身
ダメなときも気持ちを強く持ちなさい。
今回、途中から立ち上がりでエンジンに力がなくなるという問題が出ました。チェーン、スプロケ、スプロケハブを新品にし、キャブもいろいろ試してみたのですが本調子ではないなあという感じ。
いいセッションのタイムから平均コンマ8くらい落ちてしまいました。
そんな不調もあり、予選中に気持ちが完全に切れるというメンタルの弱さを露呈してしまいました。
マシンに対し、限られた時間の中でやれることはやった。我妻さんはじめ、メカの方がすごく一生懸命動いてくださった。あとはお前の気持ちじゃないんですか。腰抜けですか?
今回は走り方云々よりも気持ち、モチベーションの保ち方に問題がありました。
一回どん底まで落ちないと元気にならないっていうめんどくさい性格を改善していきたいです。
決勝スタート直後の私は輝いていた。レースでの生き残りにはちょっと定評があるようなので、これからもとにかく生き残って結果を出していきます。



まずりんりん、主将として色々動いてくれてありがとう。阿部って人がなにかと突っかかってくるしめんどくさいこともあったろうに、部をまとめてくれてありがとうございました。

ドライバーの皆さん、私はポイントを取れませんでしたが、皆さんがいい走りをしてポイントを取ってくれたことで優勝することができました。現役最後の大学対抗の予感がするので、何としてもドライバーとしてチームに貢献したかったのですが、力が及ばずすみませんでした。久保君は他のFD勢にしっかりついていけていたし、コーナーで仕掛ける度胸もあり、今後の活躍が楽しみです。

メカニックの皆さん、私が休んでいる間も動いてくれて、本当に感謝しています。おかげで走ることに集中することができました。メンタルが不安定なせいで、多くの場面で気を遣わせてしまったと思います。特に予選後気持ちを切り替えて、決勝のチェッカーまで走りきれたのは皆さんのおかげです。他の人のメカをやっていた1年生も、カート上げ下ろしなど出張サービスに来てくれて助かりました。カート重くてごめん。
そしてさおりんありがとう。さおりんの気持ちはドライバーに力を与えているよ。本当にありがとう。


仙台に残ったみなさん、惜しげもなく物的支援をしてくださったり、気持よく走ってこれるように応援してくださったりしてありがとうございました。
なんか文章において、ありがとう以外で感謝の意を伝える方法が分からない。
とにかく行けない皆さんの気持ちの分も、いい走りをしようと気合いが入りました。感謝しております。

OBの皆さん、食事会やオイル協賛など様々な面で支援をしてくださり、ありがとうございました。実際石野にサポートにも来てくださり、心強く感じました。今回の結果を次につなげてペイトンがさらに活躍できるよう、部員一同力を入れて活動していきます。

他大学の皆さん、一緒にレースをしてくれてありがとうございました。大学生同士なので親近感がわく一方、いいライバルとしてレースができたのではないかと思います。他大学の運営状況なども聞け、興味深かったです。数年後、今度はぜひSUGOにお越しください。また一緒にレースをしましょう。
あとふだんブログを見ているだけの大学の方がいらしていて「本物だーーーー!」ってなりました。


結局長くなった。
個人のレース結果はよくなかったけど、楽しかったしレース後数日は晴れ晴れとした気持ちでした。が、ここへきて地味に悔しくなってきました。
ですのでこのモヤモヤは明日明後日のSUGO第4戦で晴らしたいと思います。
SSがなんかすごいことになってますががんばります。

みなさんありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。