上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.17 練習(9/15)
みなさん第三戦お疲れ様です。
今年入部しましたpeyton一年の牧野です。

先日川原さんに手伝っていただいて練習してきたので、自分のなかで整理する意味も含めてまとめてみます。

K1
レースを想定して10分の走行の後、10分間でベストのタイムを出すことを目標に走行。
先週の練習の際、MOTO1後の路面で48秒4までタイムがあがっていたので、8秒を切ろうと思って走りました。
しかし最初の10分の走行中タイムがあがらず、焦って3コーナー大きく膨らみ派手にコースアウト。そのままタイムはあがりませんでした。
気を取り直して次の10分。なんとか9秒フラットまでタイムをあげるもその後異音が発生。確認したところ右リアのホイールハブのねじが折れていました。

K2
新赤部者の細いシャフトに合うハブがなく、あきらめて片づけていたところ、合うハブがあったので急いで装着。

K3
先ほど不安定だった3コーナーと7コーナー、最大の課題である9コーナーを修正し、なんとか8秒台を連発。
ここでエアを0.7から0.6に変えて走行。グリップは増したものの挙動がマイルドになったカートに適応できずタイムが低下。
その後エアをもどして、川原さんのアドバイスを受けてアクセルオンのタイミングを修正しつつ走行。なんとか48秒3までタイムを更新

まとめ
川原さんにラップコムとデータを貸していただき、自分なりに各セクターを分析してみました。
第一セクター
4コーナーがまだまだですが、ほかのコーナーはだいぶ良くなったようです。スプロケが79なのを考えるとタイムも悪くないようです。
第二セクター
ここが非常に遅いです。S字でのアクセルワークを良くしていかなければいけません。
第三セクター
S字の立ち上がりが悪いのと、3コーナーを安定させるために一瞬アクセルオフしているせいで、79のスプロケの良さをだせていません。回転数も12500くらいまでしかあがっていませんでした。
これをふまえて次の練習では79で問題を解決するとともに、80のスプロケを試そうと思います。
またカートの反応が素早いほうがいいなら、フロントを広げてみるのもいいとアドバイスをいただいたので、それも試してみようと思います。
次のレースでなんとか勝負ができるように練習していきます。そしてそろそろ自分のミスでカートを壊すのを卒業したいと思います。

川原さん、手伝っていただきありがとうございました。
そして大変遅くなってしまいましたが、普段の練習や大学対抗で自分をサポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。これからもpeytonの一員として頑張っていきます。どうかよろしくお願いします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。