上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。ノーベル化学賞受賞物質配合!タケアキです。

先週末は初めてカルディナを使った日帰り遠征を試みたので、それについての感想です。

積み込み・積み下ろし
 後ろ座席を倒し、出っ張りを避けるようにフレームを斜めにして入れると、簡単にカートが入ってしまいます。サイドカウルは外す必要がありますが、フロントカウルもステアリングも付けたままで余裕です。カルディナ恐るべし。エンジンは外して後席の足元に置き、あとは必要なものを適当なスペースに詰め込むだけでOK!ここで一つ注意点は、車内が非常にガソリン臭くなること。おそらくカートのガソリンタンクに残ったガソリンが気化してチューブから出てきたせいです。帰りはチューブをウェスで塞いでみましたがあまり効果なし。カルディナに積む前は、ガソリンタンクを外して、中のガソリンをすべて抜き切るのがベターです。積み込みも、積み下ろしも、1台分なら二人がかりで15分程度あれば終わってしまいます。

五月雨を~集めてはやし~
 朝のコンディションは昨晩の大雨で水たまりやら川やらできているウェット路面。レインタイヤは持ってこなかったのでスリックでコースイン。エンジンはCUBEを借りました。エンジンの吹け上がりがおかしいので、少し走って戻ってきました。メカワハラさんにキャブを開けてもらうと、ごみがいっぱい!取り除いたところ、正常に戻りました。今の時期はグリップレベルが低いので錯覚しただけかもしれませんが、CUBEは上までブン回って、かつトルク感もあり、とても良いと思いました。試合用として使いたいエンジンです。
 路面はお昼には完全ドライに。いろいろ試しつつ、いい感じにラップ数を重ねていきました…が、休憩と思ってピットに戻ったら、スプロケハブがゴユゴユ動いて、スプロケがガリガリに削れてしまっていました。ボルトの頭がもげてしまっていたのが原因でした。その原因はわかりませんが、スプロケ自体は特に曲がってもおらず、ぶつけた記憶もないので、単純にボルトの寿命だったのかもしれません。あるいは、激しく縁石に乗った際に何らかのひずみがスプロケハブに行ってしまったのかもしれません。頭のなくなったボルトを抜こうと、近所の方やスタッフの方にアドバイスや協力をも仰いだものの、結局どれもうまくいかずここで練習終了。我妻さんがいないと、何か不慮の事態が起こった時、替えのパーツも工具も知識も圧倒的に不足してしまいます。これがカルディナ遠征の最大のデメリットだと思います。ただ、午後3時ごろに切り上げてきたおかげで、6時前に仙台に到着、SUGOバイト組と合流して夕食に行けました。こうなると、本当に遠征というよりも、普段SUGOに行く感覚で余目に行けます。

 以上が今回の遠征のまとめです。現地でははるさんもメカに来てくださったので、非常に充実して走りに専念できました。わざわざありがとうございました。
 カルディナのルーフレールも活用すれば、カート2台分を運ぶことも可能だと思うので、もう1台車を出して、少し大人数の遠征にも対応できます。また、久保さんが前言っていたように、カルディナに類する車をもう1台部車にできれば、もっと大規模にしかし手軽に遠征ができます。これは革命ですね!
スポンサーサイト
初めまして、遠藤こと小林丈晃です。
寺島さんに、遠征中にタケアキが犯した数々のミスをブログで暴露しちゃうゾ☆!と暗に圧力をかけられたので、そうはさせまいと俺が投稿することにしました。
1日目
朝の天気は曇り。昨晩の豪雨で路面はウェット。部車は急遽BSのウェットタイヤに履き替える等、雨仕様でコースイン。
まずはコースを下見するよう、7~8割のイメージで走行するようにとの指示のもと、探り探り周回を重ねました。1コーナーへのアプローチでミスでアウト側の芝生を踏んでしまい、1コーナーでスピン、新品のスプロケットを曲げてしまう(泣)というアクシデントもありました。
乾いてはきたものの、路面がまだ濡れて黒い段階で、急いでドライのセットに変更し、再度コースイン。水たまりを避け、現状で可能な限りの繊細なブレーキングで走行。しかし、過度にスピンを恐れてしまった感は否めません。しばらくして、路面が急速に乾き始めました。一周ごとに変化する路面状況への適応という点は、今後もっと経験を積んでいかなくてはならない部分だと感じました。
午後は寺島さんに適度なペースで引っ張ってもらいました。これはもう、本当に良い経験で、自分の中の走りの物差しがまるっきり変わってしまうほどの衝撃でした。
1日目夜
天気は雨、ところどころ白い悪魔。ゼロの理論を以ってしても、さすがにスローダウンせざるを得ませんでした。特にストレート区間の霧がすごく、「この状況で全開は人としてあり得ないっ!」。
2日目
天気は晴れ。路面はドライ。昨日の衝撃を残したまま走行。ところがタイムは全く変わらない。よくわからないままちょっとしょげて午前は終了。午後は走行枠を二回パスして、SS、125の走行を上から観察。そして、自分なりに気づくことがありました。その次の走行枠で実践してみたところ、タイムを大きく縮めることができました!
ちなみに、その日の午後、突然の豪雨があり、大石さん曰く、「雨の壁が迫ってきた」。その衝撃映像は、大石さんがPicasaにupしてくださったので、ぜひ見てみてください。

以上、非常に密度の濃かった今回の遠征でした。オンボードを見返しても、まだまだ速くなる要素は多く残っていますが、カートの動き方、曲げ方といったあたりを学べたことは今後の基盤となると思います。
最後に、サポートに来てくださった大石さんには本当に感謝です。あと、タオルごめんなさい。
... 続きを読む
タイトルは…まあ気になさらずに。
皆さんお世話様です、國分です。

榛名でY岸さんに言われたし、ネタができたので久々ですが書きます。

まず土日バイト組の皆さんありがとうございました。安心して遠征できました。
そんで先日の榛名第4戦お疲れ様でした。


今回は久保のメカで参加。
土曜は最終セッションを除き雨。日曜は晴れ+ドライの予報。
案の定ドライになりました(曇ってましたが)。土曜はウェットのいい練習になったと思います。


さてここから本題


TT:まあある意味予想通り。ニュータイヤは初めてだしセットは決まってないし。
でもここからの追い上げに期待していました。

予選:1周じゃローリング決まらないよね。
何周かしてスタート。とりあえずは無難なスタートでしたが序盤で牧野、小林etc.が3コーナーで絡んで牧野のシャフトが曲がる。リヤバンパーがタイヤにめり込む。ピットイン。小林は外に吹っ飛んだだけで済んだらしい。
まだ何かありそうだなと思って見てたら中盤7コーナーで久保の右側に長島君が乗り上げる。久保がけっこうエライことになってしまってリタイヤ。体はとりあえず大丈夫だったので良かったが…
結局生き残れたのは小林だけ。皆さん後方から決勝に臨む。

昼:久保カートの修理。我妻さんのおかげでだいぶ作業がはかどりました。ありがとうございました!

決勝:再び無難なスタート。しかし再び奴に悲劇が…
序盤4コーナーで多重クラッシュ。久保も巻き込まれる。おまけに終盤青旗に気づかなくて(反応が遅くて)トップの#7の邪魔をしてしまうという失態を犯す。
牧野はペースを上げきれず。小林は43秒4まで上げられた。
結果は…お世辞にもいいとは言えませんね。むしろかなり残念。


全体として気になったのは、TRJさんもおっしゃったようにバトルが甘い。完全に集団のペースに飲み込まれてる。
単独ではタイムを上げられても集団になるとどうもまとまりがなくなってしまう。そして隙を突かれぬかされる。
どういう心境だったかは断言できませんが、少なくとも集中力を乱されていた?周りに気を取られすぎていた?そんな感じでしょう。技術よりメンタルの問題でしょう。
もっと周りの動きに意識を持ちつつも自分を主張できる走りができるといいですね。
ただしガンガンぶつかれということではありません


それでは各ドライバーに対しオレから一言
久保:とにかく不運だったね。あともっと落ち着いて周りを見られるようにしよう。
牧野:決勝走り切れてよかったね。完走して何かいいものが得られただろうから本番に生かしてほしい。
小林:いちばん収穫があったと思う。そういう意味では良く頑張った。そしてもっとバトルうまくなろう。


けっこう辛口でしたが、今回レースに出て前回よりたくさん収穫があったことは間違いないでしょう。オレ自身メカとしてレースウィークを過ごしたのは(記憶が正しければ)初めてで、どうしたらドライバーが走ることに集中できるか等色々考えさせられました。普段の慣れきったSUGOでの練習では見えてこないことも外では見えてくる。地元でなんとなくではアウェーでは通用しない。オレも1つ1つのことに集中してカートに取り組んでいきたいです。自信を持って動けるようにしたいですね。


久々に長くなりましたが以上です。
ペイトンの皆さんも参考にしてください。




※オレは鬼ではありません。

ついに榛名に行ってきました。「カペタの舞台」の看板がありました。

(土曜日)
走行前、コースのおじさんに路面改修のことを聞く。TTから予選までにタイムがかなり落ちた理由が発覚。まあそうなりますよねって感じ。大学対抗までに修復されるんでしょうか。


レース後の週末ということもあり速い人は来てない。地元ラインが学べないので、ほぼ自力でラインを開拓する。
この日はまだ大丈夫だったんです。いろいろと。

(日曜日)
AM
レースで上位の地元のおじさんに聞いてみる。かなり重要な情報をGET。自分たちではたどり着かないようなセットでした。1レー落ちを投入してテスト。午前中は土曜と似たような路面らしい。タイムは…つるつるタイヤとほとんど変わらず。残念。エア圧をいろいろ試すがやはり地元情報は当たりっぽい。
PM
午前中から気づいてはいたけど…タイヤにくっつけて路面を持って帰ってきてる。
路面コンディションの変化はそれどころではないんですけど。
午前と午後で走りもセットも変えないとダメそうです。

さらに路面より手ごわいものが。
レコードラインを通って復帰する方が一杯、コーナーのアウト側で作業…。
高速コースではないからよけられる→事故にならないのかもしれないですが、安心して攻めるのは難しいのが事実。
安全なのが当たり前、なのは幸せだったんですね。

それはともかく、大学対抗まで練習に行かなかったら撃沈してたでしょう。
PEYTONは大学対抗に向けて一歩進んでますよ(って他大学の方見てます?)。


今日は試乗会でした。サイドバイサイドのバトルがみられるなんて…感激です!


さて本題。合同テストはSSクラス参加台数17台でした。いつもの余目の方々+SUGO遠征組。シーズン戦の予行演習にぴったりです。

いくらなんでも早いよなーと眠い目をこすりながら4:30出発。

9時からフリー走行開始。余目はストレート勝負ってことでキャブ調整からスタート。
15週目の1コーナー立ち上がりで7000から回転あがらない!?→スーン。エンジン停止。
焼付いたか?と思いましたが、水を吸って潤滑できなくなり、シリンダーが傷ついたようです。ホーニングで直ればいいのですが…。
携行缶とガソリンタンクは水入ってないかきちんと確認しましょう!!

このピンチにG君パパがレース用エンジンを貸してくださいました。本当にありがとうございます。
この貸してもらったエンジン、上も回るし全体的にトルクがある気がします。さすがのレース用。

午前走行枠(=タイトラ)では単独走行で50秒7~8をうろうろ。うまい人の後ろで走りをコピーする作戦をしたら、コンマ5短縮できました。

第1ヒート(正順グリッド)
6位スタート。ごちゃっとした中で走りもダメダメです。完全に飲まれた。5コーナーがボトムスピード落としすぎでした。
脱出で遅れる。→7コーナーで並ばれる の繰り返し。13位まで落ちてフィニッシュ。

第2ヒート(第1ヒート着順のリバースグリッド)
5位スタート。有利なイン側を利用して2ポジション順位アップ。牧野さんをアウト側においやったような?なかなか速い人が追いついて来ない…スタート直後いろいろあったみたいでした。後半、追いついてきた余目スペシャルエンジン(?)の地元の方。ストレート速すぎです。スプロケ1丁違うだけじゃないですよね?15000回転ぐらい回ってませんか?
結果は8位。

第3ヒート(第2ヒート着順)
これまで走ってちょっとアンダーっぽいのでトレッド変更。調整幅はカンで決めましたがあたりでした。
8位スタート。9位、10位を先に行かせちゃいけない!とどうにかポジションキープ。
中盤までは抑えられましたが、ストレートでその2人に先に行かれる。うーん、やっぱりか、の悔しい10位。


こういうレース形式の練習がシーズン前にできるのはいいですね。本番レースほど緊張しないで楽しくできますし。

あ、そうそう。試乗会は随時受付してます。申し込みはお気軽に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。