上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんお世話になっております、國分です。


先日は練習日でしたね。猛暑!
レース1週間前ということで遠征組も多く。
私も大学対抗に向け練習でした。
資金的な都合で土曜のみでしたが…

ということで振り返る。

K1:
フルード交換、ブレーキパッドの入れ替え、タイヤ交換など、いろんな作業が重なったため見送る。

K2:
走行開始。
3日間に及ぶタイヤテストの影響でベトベト気味。しかし去年の第5戦に比べれば優しい方でした。
タイムはそこそこ、しかし体がなまったまま。
ということで、体作り(下半身)のトレーニングを行うことに。
あと暑さに負けるな!

K3:
トレーニングとして片手運転をする。まずは右手のみ。
さらっとこなす人が結構多いとはいうものの、不器用&なまった体の自分にはなかなか難しい。
最初の方は全然安定しなくてコースアウトしまくり。皆さんご迷惑をおかけしました…
20分走行の最後数周でようやく安定。

砂だらけのRKを綺麗にして次の走行を待つ

K4:
今度は左手。
コースは反時計回りなのでさっきと比べてさらに難しい。
右手の置き場に困りエンジンに当たりまくるという(笑)
これも最後の方で安定、下半身の使い方のイメージが再構築された気がする。

またしても汚くなったRKをお掃除。
インターバルが2hもあるので体を休めつつイメトレ

K5:
最初はもう一度トレーニング。
右左を交互に入れ替えつつ、下半身にしっかり意識を持って。
その結果周りと比べてもあまり遜色ないタイムが出ました(ずっとではないですが)!
でもそれ以上に下半身の使い方を改めてきちんと理解したところが大きい。

最後5分は久保に乗ってもらい感想を聞く。
どうやら彼はwinforceに近い印象を受けたみたい。
彼が感じたセットの方向性を試すのも時間があればやってみたいと思います。


以上です。


練習の目的はタイムを出すことではなく、どこのコースでもしっかり走るための基礎作りです。
ブランクと癖を埋め、かつ向上させるにはトレーニングあるのみ。

時間の都合上あまり多くの周回を重ねられませんでしたが(この日は50周程度)、自分自身の体の使い方がいい方向に変化したことを実感できたので、そこは大きな収穫だと思います。とはいえまだまだ安定感は十分とは言えません。

大学対抗前の練習はトレーニングを中心にして、今まで以上に安定した走りを持続させることを目標として頑張ります。


改めて、皆さんよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
皆さんお世話になっております、國分です。


さて、先日は練習。
土曜雨、日曜(スリックレイン込みの)ドライとなかなか忙しい練習でした。
いろいろあったのでまとめておく。

(土曜)
貴重なレイン、(割と重めの)ウエット路面ということで、来週レースを控える現役が走る。
オレも走りたかったが、明日の部車走行に備え整備に専念。
メンテナンスに加え、あれがないこれがない、といった状況だったために1日かかってしまいました…
皆さん、大丈夫だとは思いますが
部車パーツと部工具は借りたら忘れず返しましょう!
パーツ取りのためには存在していませんよ(笑)
阿部さんはレインセットに関して新たな発見(from神田さん)。
勉強になります。
やはり雨はいいねー

(日曜)
この日はバイト。
天気予報が外れ、なかなかに寂しい台数。
前日の雨の影響で所々泥まみれのコース。
朝一の清掃もむなしく、路面状況は悪い。
そんな中、部車で充くんがKT初走行!!
レンタルカートとの違いに戸惑いを隠せませんでしたが、普段車に乗っているせいか(?)、ぶっ飛んだことはありませんでした。本人も楽しめたのでまずはよし!
&一日を通してノントラブルということで一安心。前日の整備の甲斐がありました。
ほかの現役はナラシや時間の関係であまりアタック練習はできず。
少ない時間でいろいろやろうという姿勢はちょっとだけ見られたかな?
(どうせタイムは出ないコンディションなんだから…)


以上です。

最後に我妻さんからの御意見、私が常々皆さんに言っていることを改めてまとめておきます。
特に現役はしっかり考えてほしいところです。

練習時間というのは限られているもの。
走ること=経験につながる。
だから練習開始前のセットアップは早く済ませて少しでもたくさん走れるように努めること。

練習後の整備は時間制限はないけど、終わるころには我々しかいない。つまり遅い。
ドライバー自身の走行に関する有意義なやりとりはどんどんやってもらいたいですが、整備を忘れずに。
並行してやるか、前後のだらけた部分をなくすこと。
メカが少ない状況だから基本は自分でてきぱきと行うこと。

です。
我妻さんは私がいなくなった後を憂えていらっしゃいますよ。
→完全に私はメカ扱いですけど…(仕方ないですね)。

皆さん私を頼るのは全然かまいませんし、メカである以上はそうしてほしいものです。
ですが、私ありきで作業、特に練習前後のそれを行うのはやめましょう。
私だって常に練習に参加できるとは限りませんから。
「整備はメカがいるからいいや」なんて贅沢なことは言ってられないぞ?

ドライバー自身、走っている以外の時もしゃきしゃき動くことで時間密度は格段に向上します。得るものは多い。
どうせ走るのであればスカスカじゃないほうがいいでしょ?
早く終えて早く寝ることでレース当日のパフォーマンスはぐっと上がるはずです。


今年のドライバー達の成長著しいことは確かです。これは自信を持ってください。
しかし、今後のペイトンのさらなる発展のためには心を鬼にしなければならない時です。
(「○○作業の~」じゃないからな(笑)!)
厳しいことを言うようですが、自分たちのためだと思ってしっかりやりましょう。
来週のレース、期待しています。
皆さんお世話になっております、國分です。

先日は久々の練習日、練習できるかと思っていましたがメカ要員がオレだけという酷な状態だったので断念…
ということでメカ視点で振り返る。


(K1)
阿部さんの部エンジンナラシ。その他はアタック。
時間管理中に久保が再スタートできずピットレーンで止まる。
助けに行こうと思ったが1人で出ようとして出口で再び止まる。
補助に行ったらかかったが非常に疲れた。
しかもサイン出すタイミングぎりぎり…
無事終わりましたが


(K2K3)
各々アタック。
TIAは日沢君が調子いい。あとは微妙。
SSは全体的にペースは悪くないがPEYTONは若干遅れ気味。

その中タケアキはナラシ。

君はサインをしっかり見ましょう。

あと人の話はきちんと聞いておくべきです。


ここからはTIAとSSを分けて書く。

(K4)
牧野が助太刀に来てくれた!助かります~
TIA:
日沢君のFハブテスト。
冬耐を意識した?ハブ交換作業。
タイムはあまり変わらなかったものの、本人はいい感触だった模様。
タケアキも渡邊もペースを上げていく。

SS:
久保の希望によりストレート区間のタイム計測を行うことに@2コーナー丘。
ラップタイムがいい人が全員ストレート驚速というわけではない。
ただPEYTON勢はちょっと遅い。それ以上にインフィールドが遅い。
久保君はストレート、阿部さんはインフィールド、小林はシャーシの動きに不満…
このセッションからリヤの重さを気にしていた小林に武蔵を貸してみる。
本人曰く「コーナー進入が楽になった」とのこと。
だいぶいい印象を受けたみたいです。

芝刈りのおんつぁんに雑草同様に刈られなくてよかった…


(K5)
TIA:
日沢君のペースがさらにいい!
しかし3コーナーでふらついたタケアキと接触し両者のシャフトが曲がる。
修復できたのでよかったけど、気をつけましょう。
渡邊は安定した走りが最初からできるといいね。

SS:
今度はS字から計測(個人的にS字が気になっていたので)。
前から結構感じていましたが、S字の立ち上がりがきれいにきまるとストレートがよく伸びますね。
久保君はエンジンの差を気にしていましたが、原因はそれだけとは限らない、というかそう片づけるのはもったいないので、前日練習でトラクションを意識した走り方(やセッティング)も試したいな。
阿部さんはこのセッションでS字がかなり良くなったと思います。
しかし5コーナーがまだ甘い(本人もそう感じていた)ので、そこを詰めて十分勝負できるところまで仕上げたいですね。
小林は武蔵+ニュータイヤに期待だ!


今回はこんな感じです。


1日を通してTIAもSSもペースをしっかり上げられたのでそこはいい流れを作れているなと感じています。
しかし、ここで改めて言っておきます。

本番はニュータイヤです。

英子さんもおっしゃっていたように、ユーズドにセットや走り方を合わせてタイムを出すことを意識しすぎると本番ではうまくいかないことが多い、というかうまくいきません。実際(特に2年前の)私がそうでした。

大事なのは

「レースを意識した」心構え、気持ちの切り替え、流れ

です。
ユーズドに意識を支配されてはなりませぬ。練習番長はあきまへん。
レースのイメージをしっかり持って練習すれば結果に結びついてくると思います。
強い気持ちでレースを戦い抜きましょう!
我々メカも全力で戦います!
2015.04.20 手痛い洗礼。
皆さんお世話様です、國分です。

先日の練習お疲れ様でした。
あと、練習見学に来てくれた新入生のお2人、ありがとうございました!
こんなに楽しい世界があるんだ!ということが分かってもらえたら幸いです。
部員はみんな(本当は)熱く、面倒見がいい人です(オレはそう思っている)。
ぜひ入部を検討してみてね!!

勧誘おしまい

ということでここからは自分の話

およそ半年ぶりに自分のカートで走行しました。
その反省を少し。


今回はナラシからスタート。
タイヤとかいろいろセットされてない、フェーズの連続性の関係からK2にやることに。
クラス分け+台数が非常に少なかったため悠々と行えた。

ナラシが終わりK3からアタック。
とにかくリハビリに専念。
でもタイムはバラバラ、1発のタイムもピリッと来ない。
もっと落ち着いて集中していけ!

事前の予定ではK3で終了でしたが、リハビリがまだまだ必要な状況、
何をすべきか課題を明確にするため、我妻さんの指示の下K4も走ることにした。
久保や小林もいたので追っかけて今の自分に足りないものを探す。
まあエンジンがナラシ上がりでまだ本調子でないこともあるが、コーナーでの気迫が足りない。
クリップ以降で離されるイメージ。
左足の感覚!
でもそれ以上に体がダメダメ。
80周くらいで首がやられるとは情けない…KTでしょ?
体の影響が集中力をはじめいろんなところに悪影響を及ぼすことを再認識。

こんな感じです。


今回の練習で見えた課題はズバリ
“体を鍛えよ”
です。
本当はカートに乗るのが1番いいでしょうが、スケジュールの関係上そんなに乗れません。
なので日ごろから上半身、特に首を鍛えておく必要がありますね。

先の予定はわかりませんが、気持ちの上では第2戦は出る気満々です。
とにかく出る体で進めて、まずはドライバーだけで張り合えるところまで整えていきたいです。

以上。
こんにちは。
頭のネジは飛んでもホイールは飛ばすまい!タケアキです。
寒くなってきましたが体調管理と栄養失調には気を付けたいものです。

今年度のSUGOの練習日も残すところわずかとなりました。最近の練習は一回一回着実に成長が実感できてとても充実しています。今までモヤモヤとなんとなくしか把握できていなかったフレームの動きがクリアに認識できるようになってから、走るのが楽しくて楽しくて…。激しくフレームを動かす走り方から、スムーズに4輪を使う走り方まで、走りのバリエーションが一気に広がった印象です。あとは、一つ一つの精度を高めていくことと、状況に応じてその中から最適解を自力で見つけ出せるようになれば、「上級ドライバー」の仲間入りではないかなと思っています。もっとも、ここからが難しくなってくるところだと思います。
ここ数回の練習は久保さんがFDで走っているので何とか食らいついていきたいのですが、まだ、単純についていけていません。速く走るためのヒントはたくさん披露してくれているのですが、なかなか一朝一夕にはできないのが現実ってもんですね。でも、できないからまた練習したくなる!
そんな感じで、やっと初心者は脱したものの、中級者の域は出ないのが客観的な自分の現時点での実力だと思います。しかし、このような充実した冬練習を積み重ね、バトルの練習も怠らなければ、昨シーズンとは比べ物にならない戦闘力を身に着けるのも時間の問題だといえます。来年は覚悟しておいてください!!

思ったよりも文章がコンパクトにまとまって良かったです。それでは近況報告は以上です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。